0120-27-0078

月~金10:00~18:00 土10:00~17:00
定休日:日曜日・祝日

TOP > 薬房BLOG
薬房ブログ

Q:ダイエット中ですがなかなか体重が落ちません。それどころか時々むくんで体重が増加する事もあります。体もしんどいしモチベーション下がってます。(25歳/事務)

2017/8/10更新

A 質問だけではどんなダイエット方法か判らないのですが、今の状態では恐らく単純な食事制限、あるいは果物など単一の食品に頼ったり、サプリメントを飲むだけのダイエットではないでしょうか。 よく誤解されるの …

Q:夏になると基礎体温の低温期が高くなります。気温のせいかなと思うのですが、体温が上がることは問題ないでしょうか?

2016/7/02更新

A:高温期との差が平均で0.3 ℃以上あれば問題ありませんが、もし低温期だけが上がって高温期との差が少なくなるという場合は少し問題ですね。 低温期というのは卵巣の中で卵胞を大きく育てる期間で、この時に …

Q:私の母が子宮筋腫だったのですが、そういうのって遺伝しやすいものでしょうか?

2016/6/02更新

A:子宮筋腫が遺伝する事は遺伝子的に証明されていません。なので遺伝する病気では無いというのが現在の一般的な考えです。しかし一族の中で子宮筋腫になる人の割合が多い家系というのは少なからず存在するようで、 …

Q:卵管の片側は閉塞し、もう片側は狭窄だと診断されました。体外受精を勧められましたがまだ自然妊娠に希望を持っています。他に方法はありませんか?

2016/5/02更新

  A:体外受精を勧められる方には卵管の問題を抱えていらっしゃる場合が多く、相談者さんのように閉塞や狭窄、内膜症や感染症による卵管の癒着などがあげられます。 確かに体外受精に進まれる方も多い …

Q:高プロラクチン血症でお薬を服用しましたが、吐き気と頭痛が辛くてやめてしまいました。赤ちゃんはほしいので、漢方でなんとかなりませんか?

2016/4/02更新

A:プロラクチンというのは妊娠後に脳下垂体や胎盤から分泌されるホルモンで、別名を「乳汁分泌ホルモン」と言います。働きは読んで字のごとく出産に向けて乳腺を発達させたり母乳の分泌を促すのですが、同時に排卵 …

Q:私はお酒が好きでみんなで楽しく飲む事がストレスの解消になります。でも妊活中はお酒をやめたほうが良いと聞きました。禁酒すべきでしょうか?

2016/3/02更新

A:妊娠中のアルコールが御法度なのは既に知られていますが、妊活中のアルコールに関しては、例えば1日ビール2杯程度で不妊率が60%上がるというデータも有れば、ワインは逆に妊娠を促進するという報告もあって …

そろそろ花粉が飛びはじめます。アレルギー性鼻炎の方必見!

2016/2/12更新

出すぎる鼻水は、やっかいなものですが、鼻水には、鼻粘膜にちょうど良い潤いを与え粘膜の保護をし、体内に侵入しようとする花粉やウイルスなどの外敵を包み込んで外へ出すバリア機能があります。鼻水の量が増えてき …

Q:病院で不妊治療を始めた頃から太り始めました。ホルモン剤の副作用でしょうか?

2016/2/02更新

A:女性の生理周期の中で、排卵後から生理前まで分泌されるのが黄体ホルモンです。このホルモンは受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くして、更に妊娠に耐えられる栄養状態を保つため食欲を増やしたり皮下脂肪 …

男性不妊外来

2016/1/16更新

不妊治療というと女性の負担が大きい婦人科の治療を思い浮かべてしまいますが、実際のところ、不妊の原因は男女半々が現状。妊娠・出産するのは女性ですが、受精卵ができるまでは男性側の体づくりも大切です。女性ば …

Q:夫婦でたばこを吸います。子供をほしいのですがなにか悪い影響はあるでしょうか?

2016/1/04更新

A:胎児や小児に対する喫煙の害はご存知ですよね?発達異常や突然死、肺機能などへの悪影響が広く知られるようになり、妊娠を知ってから禁煙する方は多いようです。しかし実は喫煙が妊娠前から生殖機能に悪影響を及 …