0120-27-0078

月~金10:00~18:00 土10:00~17:00
定休日:日曜日・祝日

TOP > 薬房BLOG
薬房ブログ

Q:忘年会が続きよく飲みよく食べたせいだと思いますが、この一ヶ月で体重増加と便秘が加速。肩もよく凝ります。何とか元に戻したいのですが要出席の新年会も続きます。(45才・自営)

2019/1/15更新

A:最良の方法は宴会に出ないことだと思うのですが、お仕事柄お付き合いも大事ですからそうもいきませんね。でも体重増加や便秘はそのままにしてはおけませんよ。 女性は体重が1キロ増えるとウエストは大体1セン …

Q:主人は酒が好きな割には酒に弱くてよく二日酔いします。特に年末年始は仕事や人付き合いなどで宴会が続くので身体の方が心配です。何かしてあげられる事はありますか? (28才・主婦)

2018/12/07更新

A:ご主人を気遣う優しい奥様ですね。ご安心下さい、当薬房は創業時から酒呑みのための商品を色々取り揃えております。というのも当社の創業者のネコ先生は大酒飲みで有名で、「酒好きにとって本当に問題なのは、身 …

Q:コレステロール値と血糖値が少し高いと言ったら、友人から田七人参が良いと教えてもらいましたが朝鮮人参とは違うのでしょうか。どんな効用があるのでしょうか。  62才(主婦)

2018/11/06更新

A:「田七人参・でんしちにんじん」は朝鮮人参と同じウコギ科の植物で、三年から七年たった根を用いるので「三七人参」とも呼ばれています。中国の雲南省や広西チワン自治区でのみ産出され、同じウコギ科でもその形 …

Q:ここ数年、夏はまだ良いのですが、秋ぐちの涼しくなる頃から便秘がひどくて春まで続きます。 でも便秘薬を飲むと下痢をしてしまいます。どうしたら良いでしょうか? (50才・主婦)

2018/10/03更新

A:便秘という症状には様々な原因があります。①不規則な生活習慣やストレスから大腸を動かす自律神経が不調になって便秘になる。②冷え性や運動不足、加齢などが原因で大腸の筋力が弱って便を押し出せなくなる。③ …

Q:以前からよく明け方にふくらはぎの筋肉がつる「こむら返り」になっていたのですが、最近はそれに加えて日中でも足の裏がつってしまいます。予防方法はありますか? (主婦・60才)

2018/9/07更新

A:「こむら返り」は筋肉が急に収縮して痛みを伴う症状で、医学用語では有痛性筋痙攣とか筋クランプと言われます。一般的には激しい運動や長時間の立ち仕事の後などに足の筋肉で起き、よく目にするのはスポーツ中継 …

Q:以前からよく明け方にふくらはぎの筋肉がつる「こむら返り」になっていたのですが、最近はそれに加えて日中でも足の裏がつってしまいます。予防方法はありますか? (主婦・60才)

2018/7/30更新

A:「こむら返り」は筋肉が急に収縮して痛みを伴う症状で、医学用語では有痛性筋痙攣とか筋クランプと言われます。一般的には激しい運動や長時間の立ち仕事の後などに足の筋肉で起き、よく目にするのはスポーツ中継 …

Q:足の爪水虫で困っています。内服薬があるというので皮膚科へ行ったのですが、軽い肝臓障害があるため副作用が心配だと処方されませんでした。別の方法はあるでしょうか? 32才(主婦)

2018/7/06更新

A:水虫は白癬菌というカビが皮膚組織に寄生・増殖して起こる皮膚病です。症状としては指の間の皮膚がただれる趾間型、水疱ができる小水疱型、かかとを中心に角質層が厚くなる角質増殖型、爪に感染する爪水虫があり …

Q:目がグルグル回るのとは違いますが、歩いているとフワフワとした感じで気持ち悪くなります。病院で検査したら原因不明のめまいと言われて薬を出されましたが飲み続けるのは不安です。(30才・専門職)

2018/6/01更新

A:めまいには大きく分けて3種類の症状があります。一つは回転性めまいで、周りの風景あるいは自分自身がグルグル回っているように感じる症状です。二つ目は浮動性めまいと言い、体がフワついてふらついたりまっす …

Q:昔私は新卒で就職した年に「五月病」になってしまい、長い間しんどい思いをしました。今年娘が就職したのですが、私と性格や体質がよく似ているのでとても心配です。(50才・主婦)

2018/5/09更新

A:五月病というのは正式な病名ではなく、一般的に5月の連休明け頃になる「抑うつ状態」を言います。特に新入生や新入社員に多いのですが、春に転職や移動を経験した人にも発症することがあります。症状は倦怠感や …

Q:数ヶ月前から視界に黒い点が見えるようになり、病院で老化現象による飛蚊症と診断されました。特に治療する必要は無いとのことですが、何か漢方で良くすることはできませんか?。(55才・自営)

2018/4/04更新

A:飛蚊症には治療が必要な病的飛蚊症と、加齢による自然現象的な飛蚊症があります。相談者様は後者の飛蚊症とのことなので、特に心配はないのですがやはり気になりますよね。この他にも「かすみ目」や「老眼」など …

1 / 712345...最後 »